« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

対戦の知識

まだまだ知らないことはいっぱいある.

最近思うところ

・強キャラ
アンジェ, キャサリン, クラリス, 頼子の4強 (クラリスが1つ下もある.)
準強キャラがこのは, ゼニア.
次いでメイファン, サキ, きら.

・頼子
東京では対戦できる場所が少なすぎる.

・クラリス
立Eの反確リストをざっと考えてみたところほとんどのキャラに対して結構やばいので, 反撃できないような状況を作っておくか, 封印すること.
今になってやっとクリティカルハートの強さに気づいた.

・アンジェ
「アンジェ対策仕上がった」は「○○(よく対戦する人)の使うアンジェリア対策仕上がった」の間違い.

・キャサリン
ホーリー害児さんに触発されちょい触ってみるとおもしろい. 光と罰かな.

・公式大会
ぶっちゃけ当たりたくないチームはいくつもあって, どこも勝手に負けてくれ, っていう感じw
自分達で倒したいチーム? んなもんない.
これはきっとどのチームも同じこと考えてる.

=====================

コンボの整理.

共通:
~B爪(NH)>JB・JCで端に行ったときはそこからステップジャンプエリアルが高ダメージ.

愛:
ウラニオをコンボに使う状況は, 飛び込みが立ち状態の相手にヒットするか, のぼりJAが引っかかったとき, 自分画面端からの吹き飛ばしの3択. 2P側のウラニオのコマンドが苦手すぎて, 爪>ウラニオは左にいるときしかやらない.

闇:
ブレッザで都合のいい方向にいくのが重要. 特にアルカナ限定, というところは考えずに感性に任せてコンボを選ぶ. コンボよりネタで気持ちよくなる.

罰:
実戦コンボ集
①生4C・メエーチ(NH)>JA>ステップ立A(jc)>JA・JB・JC>ステップJエリアル
スカし4C狙いのときに.

②4C・立E>ドゥエーリ(NH, 7いれっぱ)>JB>ステップ立A(jc)>エリアル
多分一番使用頻度高い.

③プラグノース3段ヒット>ステップB爪(NH)>いつもの
当身から追撃可能なうえ, ダメージ効率もよくて半分減らせる.

④エリアル~空中ドゥエーリ>JB>ステップ立A(jc)>JA・JB・JE・爪
一番無難な追い討ちかな.

聖:
今更考えることなし

光:
相手がホーミングないとき and/or 0ホーミングで引っ掛けコンボいけたらロイヤルオプティクスで〆る. 高空であれば受身狩りの空中投げのリターンも増加. 例によって1P側でしかやらない.

AF反確からのコンボ

①4C・ゲート>ラピメント発動>エリアル
3ゲージ近くあれば安定

②4C・ゲート>ディレイJB・JE・ブレッザ・ゲート>NHエリアル
4ゲージ近くあるときに安定するコンボ.

火(VSこのは):
2Cヒットからカコウハは重要なコンボ. 一定の状況下での4Cにカコウエンを入れ込む.
コンボじゃないけどJE空中ガード>カコウハが咎められないので, 削れるところではがんがんやっていく.

風(VSキャサリン):
殺しきれるとこできっちりファルクス*2~3を選ぶ. 相手が愛でない場合で, ホーミングがあるときは

拾いなおし~ステップJA・JB・JC・JE・B爪(3D)>4C・ラピメント

で〆て, ここから起き攻めで吸収とファルクス削りを狙いにいく.

| | コメント (3)

崩しのネタ集

自分が使ってる崩しのバリエーションです.

・空対空NHJAから
①めくりJA or JB
期待値高い. ダメージと早さ(見切られにくさ)を勘案してどちらかを選ぶ

②JA>めくりJA or JB
下半身以外の場所でJAをガードさせたら再度JAからめくりが狙える

③空中投げ
ホーミング制御が必要なこともあり. めくりJAがガードされたあとに3D>空中投げとかがイケメン. 光は画面端での空中投げからのリターンがおいしいので

・JB飛び込みから
①ブレッザ or 2B
単純な中下段の択ながら. 見えないので効果は絶大です.

②立A>低空ダッシュ>めくりJ1C or Cブレッザ
切り替え中段の応用で立Aは飛び込みの直後ならしゃがみの相手にもガードさせられることを利用. ブレッザが正面に戻ってくるのでまず無理です.
立Aからは低空ダッシュせずに2D>4Cなどのすかし下段の脅威もあります.

・ジャンプ着地際などへの揺さぶり
①NHからめくりJC or J1Cの裏表.
要制御. 着地際など相手が行動を変えにくいところを狙うのが吉. もちろん見えるはずがない

②のぼりJE
喰らい判定の大きさが立ち状態と同じになっている相手が着地したときに標準的なキャラには当たる.

③低空C爪と地上C爪の2択.
説明不要

・壁攻め, 引き摺り下ろし
①相手がホーミングゲージ1つで壁受身>JEなどをガードさせる>NHJC>立E
最も基本の形の壁攻め.

②引き摺り下ろし~立B or 立E
相手が空中GC6Dをできる場合には持続と攻撃位置に優れた立Bで狩りにいくのが優秀.
特にJA4フレ以上かかるキャラに対しては, 2段目出し切り>立Aがそこそこ安全だし, イルフラコなら一方的に勝てる.
GC4D狩りは立Eがぴったり

・キャサリン限定
①風立E>のぼりJE or 低空ダッシュJ1C or 3Dから4C
中段とかいろいろ混ざってます. 下段を入れたい場合は3Dから4Cが一番よいと思う.
下段の選択肢はC爪>ファルクスとかもよいのですが, 地上ファルクスは連打の音が聞こえている台や対愛キャサリン戦では特に危険なので注意.

ちなみに風以外で立Eをガードさせてしまった場合, 6Dでフォローしていない限り前GC超ラリで反撃確定なので注意しましょう. 6Dでフォローしていた場合はラピメントでスカして反撃することも可能です.

②JE>削り超必
空対空でJEをガードさせたときに. 超必はイルフラコ, ファルクスあたりで.
例によってJEの間合いが近かったり慣性が後ろについていなかったりすると風以外のキャサリンに対しては前GC超ラリで反確を取られるのでそれのフォローの意味もあります.

==============

さてそろそろ最新のキャラ対策をまとめておきたいけど, キャラ対策でまず最初にすべきことってのはやってはいけないことをまとめることかねぇ.

アルカナはやりこむほど聖, 光, 愛がガチ. それと少しだけ総合力は落ちるけど, 風, 火, 闇が安定どころかねぇ

| | コメント (2)

アルカナ選び

クラリーチェアルカナ

はぁと 聖
冴姫 聖
カムイ 雷
このは 火
舞織 愛
メイファン 光
リリカ 聖
リーゼ 鋼
頼子 光
きら 魔
フィオナ 聖
ペトラ 罪
ゼニア 闇
エルザ 光
クラリス 聖
キャサリン 風
ドロシー 光
アンジェ 罰

一応は聖と光がメインってことで. そのほかの半分は対策アルカナで専用の動きをしてる感じです.

| | コメント (1)

公式大会にむけて

【予選通過チームまとめ(9/8現在)】
北海道地区: 電波(頼子), はが(キャサリン)
東北地区A: 9/14
東北地区B: かすみLOVE(神依), どう見ても殿です(このは)
北陸地区: たぬきち(冴姫), くまきち(キャサリン)
関東地区A: JEO(美凰), 南(ゼニア)
関東地区B: しのまる(クラリーチェ), かすみLさんのお抱えメイド(美凰)
関東地区C: white(クラリーチェ), TOMO(キャサリン)
関東地区D: カリパー(はぁと), じゃむ(リリカ)
東海地区A: 白アラン(冴姫), dai(このは)
東海地区B: 馬超(頼子), あんどぅ~(キャサリン)
近畿地区A: いき(頼子), ナオ(はぁと)
近畿地区B: こうや(神依), まろんお兄ちゃん(アンジェリア)
中国地区: ちゃる(アンジェリア), ナギン(美凰)
四国地区: すべてにおいて出来杉君(美凰), ふくよかなのび太君(ゼニア)
九州地区A: まほ(冴姫), 必殺仕事人(クラリーチェ)
九州地区B: エムジマ(キャサリン), 世界の○田(きら)

*スケジュールの都合上, この中から出場辞退するチームがいくつかある模様

【キャラ別通過者数まとめ: 傾向と対策】
キャサリン: 5名
チーム戦でのキャサリンの強さを見せつけた, という結果か. まぁ相方はこのキャラで最強の使い手だと思ってるし, 自分も対策にはかなり進んでる部類.

美凰: 4名
決して意外ではない通過者数の多さ. 機動力, 突き上げの強さ, 一発の重さ, すべてが噛み合って上位キャラに対して強い. 相性的にも構成チーム的にも最も警戒すべきキャラの一人.

冴姫: 3名
うちのチームは両方ともこのキャラの対策は自信持ってるし問題ない.

頼子: 3名
もちろんこのキャラに対して確実なことは何も言えない. 2人の力を合わせて倒すべきキャラ.

クラリーチェ: 3名
相方も自分も対策的な仕上がりは最高クラスだろうけどそれでも警戒しなきゃいけない.

はぁと: 2名
個人的にはかなり自信を持ってるから, 万が一相方が負けてもきっちり勝てる.

神依: 2名
確実なことは何も言えないけど相方がだいぶこのキャラに強いし, 自分も経験は少なめだけど大丈夫.

このは: 2名
対策はお互いに充実してるだろうけど大会なら有利だと思う.

ゼニア: 2名
自分は結構不安だけど, 相方には絶大な信頼がおける.

アンジェリア: 2名
意外に少なかった, ラッキー. しかし警戒しすぎるようなことはない.

リリカ: 1名
個人的にはリリカ戦得意だし, 相方ものびのびやれれば問題なさそう.

きら: 1名
もしあたる機会があったら魔クラリスで圧倒的な処理ゲーにさせてもらう.

【課題】
攻めの意識を高める

| | コメント (7)

煮詰まった

本当にきついっぽいのはゼニアだけ.
他はちょいと難易度高めなのがメイファン, アンジェ, このは, 頼子あたり.
そのほかはほぼ作業ゲーで.

・アルカナ選び
対策として使うアルカナだけど聖が5キャラ, 光が4キャラ, 愛が2キャラに雷, 火, 風, 闇, 魔, 罪, 罰がそれぞれ1キャラずつの予定. まぁ, 残念ながらそれほどにキャラ分散してないけどね!

うちのチーム的にはメイファン, アンジェ, 頼子とかそういう感じのチームに警戒か. 今回特に多いしね.
TOMO君も言ってるけどメイファンは突き上げが強すぎてうちらは結構しんどい. 決勝大会に出てくるメイファンは多そうだし, しっかりと対策していきたいところ.

・空中投げ
聖と愛は特に火力が高いし意識的に狙っていくべきかな. 空中戦はある意味空中投げが主役といってもいいすぎではないゲームだし. 受身狩り以外に立ち回りでつかむ方が投げ抜けされなくてリターンでかい. 追撃レシピは

聖なら(できない位置もある)
空中投げ(NH)>JC>ステップA>JB・ブレッザ・ソング>A爪(NH)>JB・JC(jc)>JB・JC・JE・C爪.

愛なら
空中投げ(NH)>JC>ステップA>JB・ブレッザ・トリススフェラ(ディレイNH)>JA・JB・JC(jc)>JB・JC・JE・C爪.

あとアルカナによらずキャサリンにはJA・JB・JCの拾いなおしを追撃に組み込むのが安定

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »